トップ > システム管理者向け情報 > サーバ証明書申請手順

サーバ証明書の申請ファイル作成方法などのご案内

サーバ証明書申請手順

 

サーバ証明書申請手順

以下に,UPKIオープンドメイン証明書自動発行検証プロジェクトの「利用の手引」に基づいた,サーバ証明書の申請・発行手順を説明します。

用語の説明

加入者
九州大学の職員として,サーバを管理し,サーバ証明書を実際に利用される方。サーバ証明書の申請依頼者。
機関責任者
プロジェクト参加にあたり,各機関で選出する代表者。
九州大学の場合は,情報統括本部認証基盤事業室の室長が機関責任者をしています。
登録担当者
サーバ証明書発行申請の審査など実務を行う者。
九州大学の場合は,情報統括本部認証基盤事業室の室員が登録担当者になっています。

加入者の作業

加入者は,「利用の手引き・加入者編」を参考にして作業を行ってください。

 

加入者向け説明サイト(国立情報学研究所)
サーバ証明書申請確認書のダウンロード
名前
コメント
 

情報統括本部の作業

情報統括本部・認証基盤事業室では,以下の作業を行います。

サーバの実在性確認
DNSにサーバ名(FQDN)が登録されているかどうかを確認します。
サーバ管理者の実在性確認
サーバ管理者(加入者)が本当に九州大学の職員であるかを確認します。
電子職員録で,加入者が記載されているかを確認します。
また,内線電話番号へ折り返し電話、または、メールにて問い合わせをして、
実在性を確認します。
TSVの送付
上記の確認作業の終了後,NIIへTSVを送付します。

サーバ証明書の発行とサーバへの設置

  • 送付されたTSVファイルに問題が無ければ,NIIから加入者の元へサーバ証明書発行の通知メールが届きます。
  • 通知メールの指示に従って,証明書を入手してください。  
  • サーバ証明書インストールマニュアル を参考にして,入手したサーバ証明書をWebサーバへ設置して下さい。