九州大学全学共通ID(SSO-KID)のご利用案内ページです。

九州大学SSOポータル
HOME > 各種窓口/FAQ > よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

当事業室に多くお寄せいただいている質問をまとめています。
お問い合わせいただく前に,ご一読ください。

ページ内リンク

 

1. 認証サービス利用に関する質問

SSO-KIDやパスワードの確認方法について、 サービスが利用できない場合や、ログイン時にトラブルがあった場合には,こちらをご確認ください。

1-1. 自分のSSO-KIDがわかりません。
SSO-KIDの確認方法について、下記のリンク先をご覧ください。

(学生用)自分のSSO-KIDと登録コードを確認する

(教職員等)SSO-KIDの確認
1-2. 学生証がないので、自分のSSO-KIDが確認できません。
学生証がない場合は、ご所属の学務担当窓口にご相談ください。
1-3. SSO-KIDカードがないので、自分のSSO-KIDが確認できません。
SSO-KIDカードを紛失された場合は、再発行申請をしてください。
SSO-KIDカードがお手元に届くのは着任日以降です。約1週間ほどかかる場合もございます。
1週間以上経過しても到着していない場合は、 総括担当窓口にご確認ください。
また、身分が変わっても、これまでと同じSSO-KIDが引き続き利用できます。
これまでSSO-KIDを付与されたことがある方は、以前SSO-KIDカードをお渡ししている場合がございますので、ご確認ください。
ご不明な場合は、認証基盤事業室にご確認ください。

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
092-802-2690
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp


SSO-KIDカードの再発行
1-4. パスワードの確認をしたいです。
ログインデモページをお試しください。

「認証成功」とでた場合は、SSO-KIDとパスワードに問題ありません。
ログインできない場合は、SSO-KIDまたはパスワードが間違っている可能性があります。
ログインデモ
1-5. ログイン画面で登録コード (初期パスワード) を入力しているのに,ログインできません。
お手元にSSO-KIDが届いた時の登録コード(または初期パスワード)のままではお使いいただくことができません。
ご利用になる前にアカウント有効化を行い、ご自身でパスワードを設定していただく必要がございます。
詳細は,アカウント有効化のページをご確認ください。
アカウント有効化
1-6. パスワードがわかりません。
パスワードの確認を ログインデモページで行うことができます。

パスワードがわからなくなった場合は以下の方法でパスワードを再設定することができます。
ご自身でパスワード再設定する
 次の条件をすべて満たしている場合に再設定が可能です。
 ・ご自身のSSO-KIDと登録コードがわかる
 ・アカウント有効化が済んでいる
 ・パスワードリマインダの登録をしている

窓口でパスワード初期化依頼する
【学生】学生証を持参のうえ、担当窓口にお越しください。
【教職員等】SSO-KIDと登録コードをご準備のうえ、情報統括本部認証基盤事業室にお電話ください。
1-7. SSO-KIDとパスワードを正しく入力していますが、ログインできません。
システムによって利用範囲が指定されている場合がございます。
対応サービス一覧のページで利用対象者をご確認ください。
学生用SSO-KIDと職員用SSO-KIDを2つ持っている場合は、利用対象者の身分のSSO-KIDにてログインしてください。

ご不明な点については当該システムの担当者にお問い合わせください。

利用権限が異なる例
【IC職員証のWeb発行申請】
直接雇用の教職員のみ利用できます。
学外者、名誉教授、学生は申請方法が異なります。

【事務用ポータル、事務用LANのアクセス等】
原則、事務局および学部等事務部に所属する職員のみ利用できます。

【教員活動進捗・報告システム等】
教員のみ利用できるシステムです。
事務系・技術系職員や学生は利用できません。
1-8. ログインはできますが、システムが利用できません。
目的のシステムにログインできる場合は、SSO-KIDとパスワードに問題はございません。
システムで利用制限がかけられている場合や、利用するための設定に問題がある場合がございます。
当該システムのWebサイト等で公開されているマニュアルをご確認ください。
ご不明な点は当該システムの担当者にお問い合わせください。

設定に問題がある例
・kitenet(無線LANアクセスサービス)の設定
・学生基本メール、職員基本メールのメールクライアントの設定
1-9. メールが送信(受信)できません。
認証基盤事業室で管理しているID(学生ID,SSO-KID)で利用できるメールアドレスは,以下2つのドメインのみです。その他のメールアドレスにつきましては,各システム管理者にお問い合わせください。

学生基本メール ( xxxx@s.kyushu-u.ac.jp )

職員基本メール ( xxxx@m.kyushu-u.ac.jp )


上記のメールに関する送受信の問題は,以下の点を確認します。

1. SSO-KIDとパスワードに問題がないか。
ログインデモのページにアクセスし,SSO-KIDと設定したパスワードでログインができるかを確認します。
ここでログインに失敗する場合はパスワード再設定等の処理を行ってください。
パスワードの再設定はこちら


2.Webメールにアクセスできるか。
1.のテストでログイン成功するにも関わらずメールの送受信ができない場合は,以下のページにアクセスし,ログインを試します。

学生基本メール (学生)

職員基本メール (教職員・学外の皆様・名誉教授)

Web メールシステムにログインできた場合は,メールクライアント (メールの送受信に使っているソフト) の設定が間違っている可能性があります。全学基本メールサービスの Webサイトにて,設定マニュアルをご確認ください。

情報共有基盤事業室メール担当 Webサイト

1-10. IC職員証のWeb申請システムにログインできません。
わたしのSSO-KIDは「a123456789(a+9桁の数字)」です。
SSO-KIDが「a+9桁の数字」で構成されているかたはIC職員証の発行対象者ではないため,申請システムにログインできないようになっています。
IC職員証と同等の機能を持つ「ICパーソナルカード」をご用意しています。
ICパーソナルカードの申請方法につきましては,認証基盤事業室ICカード担当の Webサイトをごらんください。
認証基盤事業室ICカード担当(派遣職員等向けのカード)
 

2. アカウント有効化やパスワード設定に関する質問

アカウント有効化やパスワード変更がうまくいかない場合には,まずこちらをご確認ください。

2-1. アカウント有効化したかどうかわかりません。
既にアカウント有効化が済んでいるのか、わからない場合は、当事業室にご連絡ください。
アカウントの状態を確認いたします。

また、アカウント有効化が済んでいる場合は、アカウント有効化画面を入力後、「すでにアクティベート済みです。」という表示が出ます。

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
092-802-2690
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp

2-2. アカウント有効化をしようとすると,「入力エラー」と表示されます。
まず,SSO-KID,初期パスワード,生年月日,画像認証の数値の入力に間違いがないかをご確認ください。

登録コードは一旦,メモ帳などに書き出して目視したものをコピー&ペーストしてみることをお勧めします。この際,目には見えませんが「改行コード」や「スペース」を含まないよう注意してください。

キーボードの「CapsLock(Shift固定)」キーがオンになっていませんか?今一度ご確認ください。

初期パスワードの中に,紛らわしい記号がないかを確認してください。
  「'」(シングルクォート)と「`」(バッククォート)
  「:」(コロン)と「;」(セミコロン)
  「~」(チルダ)
  「-」(マイナス)と「_」(アンダーバー)。
  「--」 「__」のように,これらの文字が2文字以上連続している場合もあります。
  「:」(コロン)や「=」(イコール)が先頭にある場合,これも初期パスワードの文字のひとつです。

生年月日の入力形式は合っていますか?「yyyy/mm/dd」と,4桁の年,2桁の月,2桁の日で入れ,それぞれの間には / (スラッシュ)を入れてください。

上記の入力に問題がない場合は,以下のことが考えられます。これらにつきましては当事業室で確認できますので,お問い合わせください。
既にアカウント有効化が済んでいる
人事情報(生年月日)の登録間違い

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
092-802-2690
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp

2-3. 登録コード(初期パスワード)に難しい記号が入っています。どのキーを押せば良いですか?
まれに,登録コード(初期パスワード)に以下のような日常的な入力ではあまり使われる機会のない記号を含んでいるかたがいらっしゃいます。以下のとおり入力してみてください。

これは,日本語キーボード(「P」の右隣に「@」がある)の場合で,他の配列(英語キーボードなど)の場合はこの限りではありません。

`(バッククォート)=「Shift + @」「'(シングルクォート)」とは異なりますのでご注意ください。
~(チルダ)=「Shift + へ」
_(アンダーバー)=「Shift + ろ」

一度,メモ帳などに書きだして目視してみることをおすすめします。
2-4. 新しいパスワードを設定する際に,使ってはいけない文字はありますか?
以下の文字はご利用いただけません。
   ¥(エンサイン)
   \(バックスラッシュ)
    (スペース)
   " (ダブルクォーテーション)
パスワードポリシー
2-5. 学外からでもアカウント有効化できますか?
学外(自宅など)からでもアカウント有効化はできます。
2-6. 「現パスワード」の部分に「登録コード(初期パスワード)」を入力していますが,パスワード変更できません。
初期パスワードからご自分のパスワードに変更するためには,「パスワード変更ページ」ではなく「アカウント有効化ページ」で作業を行う必要がありますのでご注意ください。
アカウント有効化
 

3. SSO-KID発行に関する質問 (教職員)

SSO-KIDカードが手元にない方,SSO-KIDを利用する必要のある学外者の皆様は,こちらをご確認ください。

3-1. SSO-KIDカードが届いていません。貰ったかどうか覚えていません。
教職員のSSO-KIDカードは、長3(三つ折にしたA4サイズの紙が入る封筒)のビニール封筒に入った状態で送られます。
認証基盤事業室からご所属部局の 総括担当窓口宛てに発送しております。
年度初めなどは,お手元に届くまでお時間がかかる場合がございます。
1週間以上経過しても到着していない場合は、総括担当窓口にご確認ください。
また、身分が変わっても、これまでと同じSSO-KIDが引き続き利用できます。
これまでSSO-KIDを付与されたことがある方は、以前SSO-KIDカードをお渡ししている場合がございますので、ご確認ください。
ご不明な場合は、認証基盤事業室にご確認ください。

SSO-KIDカードを紛失した場合は、 再発行申請をしてください。

教職員用 SSO-KID 説明ページ
3-2. 手元にSSO-KIDカードが複数枚あります。どれが有効ですか?
当事業室にお問い合わせいただければ,現在有効な SSO-KID を確認することができます。ご連絡ください。

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
092-802-2690
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp

3-3. SSO-KIDカードが届きましたが,印刷されている内容に間違いがあります(氏名の誤字など)
SSO-KID は人事データを基に作られているため,登録間違いがあると SSO-KID カードの情報も間違ったものとなります。
ご所属部局等の総括担当窓口または人事担当窓口に登録内容のご確認と修正のご依頼をお願いします。
変更内容は人事担当窓口にて事実関係を確認のうえ人事データが修正され,翌日以降に SSO-KID のシステムに反映されます。

正しい情報が書かれたSSO-KIDカードの再発行は,データが更新される翌日以降に承ることができます。
必要であれば総括担当窓口を通して認証基盤事業室へご依頼ください。
なお,記載内容に変更があってもSSO-KID,パスワード,登録コードに影響はなく,学内認証サービスのご利用に支障はございません。
総括担当窓口 (総務・人事担当窓口) 一覧
3-4. 退職します。SSO-KIDはどうなりますか? 使い続けることはできますか?
退職に伴い人事給与システムの登録が外れると,SSO-KIDは約3ヶ月間の削除猶予期間に入り,その後完全削除されます。
削除猶予期間中に利用できるサービスは,全学基本メールのみとなっていますので,この間にメールアドレスの変更通知などの作業をお願いします。
なお,当事業室へSSO-KIDカード(紙のカード)を返却いただく必要はありません。お手元で処分していただいて結構です。
ただし、現在の職務を退職後、別の部署(または身分)で再雇用予定の場合は、今まで使っていたSSO-KIDを引き続き利用する場合がございます。
詳しくは こちらをご確認ください。


IC 職員証をお持ちの方は,ご所属の部局等の人事担当窓口にご返却ください。
認証基盤事業室ICカード担当 Webサイト
3-5. 【教職員】「登録コード」の入力欄がありますが,手元のSSO-KIDカードにはそのようなものが書かれていません。
教職員向けのシステムでは2013年度まで「初期パスワード」と呼んでいたものを,2014年度より「登録コード」と言い換える事になりました。
「初期パスワード」と書かれている情報を入力してください。
内容に変更はございません。
「登録コード(初期パスワード)」がお手元にない場合は,再発行申請をご提出ください。
SSO-KID の再発行 (教職員)
3-6. 事務用LANを使っています。アカウント有効化をしたいのですが,PCにログインできないため,アカウント有効化もできません。
事務用LANはSSO-KIDを使ってログインする必要があるため,アカウント有効化をしていないSSO-KIDでログインすることはできません。
インターネットが利用できる他のPCでアカウント有効化を済ませた後に,事務用LANへのログインをしてください。

事務用LANを利用している部署のパソコンリーダーに臨時ユーザーとしてのログインを依頼し,そこからアカウント有効化の作業をすることも可能です。
また,アカウント有効化は学外からの接続(ご自宅など)でもご利用いただけます。
 

4. SSO-KID発行に関する質問 (学生)

4-1. 学生証の他に紙の SSO-KID カードが届きました。
SSO-KIDは学生用と教職員用とに分かれており,利用できるサービスの範囲も異なります。
社会人学生などの理由で学生と教職員の両方の身分のお持ちの方は,SSO-KID も2つ存在します。
紙のSSO-KIDカードに記載されているものが教職員としてのSSO-KIDです。
業務に関するものにつきましては,教職員用の SSO-KID をご利用ください。
4-2. 学生ID(学生番号)の確認方法がわかりません。
カリキュラム年度により,学生ID(学生番号)の確認方法が異なります。
カリキュラム年度の確認と学生番号の確認については,下記のリンク先をご確認ください。
学生ID(学生番号)の確認方法
 

5. SSO-KID発行に関する質問 (学外者・名誉教授)

SSO-KIDカードがお手元にない方,SSO-KIDを利用する必要のある学外者の皆様および名誉教授の先生方は,こちらをご確認ください。

5-1. ◯◯という身分で九州大学で業務・研究に関わっていますが,SSO-KIDを発行できますか?
○○研究員,△△研究者など,ご身分の呼称は部局(学部等)により大きく異なるため,当事業室からは一律のご回答をすることができません。総括担当窓口に雇用形態等のご確認をお願いいたします。
総括担当窓口一覧
5-2. 申請書をどこに提出したら良いか分かりません。
提出先は,総括担当窓口になります。主に,ご所属の学部等の総務または人事担当窓口となりますが,部局により受付窓口が異なりますので,一覧をご確認ください。
総括担当窓口一覧
5-3. 継続申請を忘れていました。このSSO-KIDはどうなりますか?
有効期間の終了後,各提携サービスは一定期間 (即日〜3ヶ月。サービスにより異なります) の削除猶予期間ののち,ご利用いただけなくなります。
つきましては,SSO-KIDの有効期間の延長をご希望の場合は,期間終了前に継続申請書をご所属の総括担当窓口にご提出ください。

  参考・継続申請について
  参考・書類の提出先(当事業室への直接送付はお受け出来かねます)

なお,継続申請によるお手続きの受理後,当事業室では以下のとおり処理をさせていただきますので,ご確認ください。

有効期間終了前に継続申請をした場合:
お手元のSSO-KIDおよび設定されたパスワードをそのままご利用いただけます。当事業室からはご連絡は差し上げておりません。
カードを紛失された場合は,再発行申請書をご所属の総括担当窓口にご提出ください。

   参考・再発行について

有効期間終了後に継続申請をした場合:
お手元のSSO-KIDに変更はありませんが,設定されたパスワードをリセットしたうえで,再度SSO-KIDカードを手配します。
 

6. 総括担当 (総務・人事担当係) の皆様からの質問

SSO-KIDに関する各種申請を受け付ける総括担当窓口の皆様の業務に関する質問は,こちらをご確認ください。

6-1. 来月に赴任予定の者がいます。赴任前に名刺を作ったり,PCの設定などを済ませておきたいのでSSO-KIDや全学基本メールの情報が欲しいのですが,事前に送付してもらえますか?
SSO-KIDは,人事給与システムのデータを基に作成されます。
人事データは採用日(赴任日)当日に有効データとなることから,SSO-KIDが作成されるのは早くとも赴任日当日以降となります。
このような原則があることから,事前発行を承ることはできませんのでご了承ください。
6-2. 退職者のSSO-KIDはどうなりますか?
退職に伴い人事給与システムの登録が外れると,SSO-KIDは3ヶ月間の削除猶予期間に入り,その後完全削除されます。
削除猶予期間中に利用できるサービスは,全学基本メールのみとなっていますので,メールアドレスの変更通知などの作業はその期間中にお願いします。

当事業室へSSO-KIDカード(紙のカード)を返却いただく必要はありません。お手元で処分していただいて結構です。
(ただし、再雇用予定の場合はいままで使っていたSSO-KIDを引き続き利用する場合がございます。次の質問内容をご確認ください。)

IC職員証は、ご所属の部局等の人事担当窓口にご返却ください。
6-3. 現在の職務を退職後,別の部署(または身分)で再雇用予定の方のSSO-KIDはどうなりますか?
2015年4月より,雇用形態の変更等で個人番号の変更があっても,同一のSSO-KIDを引き続き利用いただけるようになりました。

パスワードやカード発行についての管理は,ご退職から再雇用(または復職)までの期間の長さにより扱いが異なります。具体的には以下のとおりです。

個人番号が変わらず,人事給与システムで退職の手続きをしない場合
お手元のSSO-KIDとパスワードが引き続きご利用になれます。

退職から再雇用までの期間が100日を超える場合
SSO-KIDに変更はありませんが,登録コード(初期パスワード)を更新し,SSO-KIDカードを再発送します。
アカウント有効化をしてご利用ください。
なお,非在籍期間中はSSO-KIDはご利用いただけません。

退職後,100日以内に復職した場合
引き続き,お手元のSSO-KIDと設定されたパスワードがご利用いただけます。カードの発送はいたしません。
学外者(派遣職員などのaで始まるSSO-KID)から直接雇用者になる場合は,学外者向けSSO-KIDはご利用いただけません。
復職後に直接雇用者向けのSSO-KIDを発送いたします。

九州大学の雇用から外れる場合(派遣職員になるなど)
お手元のSSO-KIDは無効となり,新しいSSO-KIDは発行されません。
必要であれば, 申請SSO-KIDを取得ください。

いずれの場合も,以下の提携サービスにつきましてはご注意ください。
・SSO-KIDが変更になる場合は,全学基本メールアドレスが変更になります。
・IC職員証にはSSO-KIDの情報だけでなく個人番号の情報も書き込まれていることから,個人番号が変更になる場合はIC職員証も再交付していただく必要がございます。該当する方には全学共通ICカード事業室よりメールで通知がまいりますので,再交付申請をお願いします(発行手数料は不要です)。
6-4. SSO-KIDカードが届いたために配布しようとしましたが,該当者がいませんでした。
SSO-KIDは,人事給与データを基に作られているため,人事データの入力間違いや,SSO-KIDカードの配送中の人事データの取消や変更などがあると,このようなことが起こります。
最新の人事データをご確認のうえ(当事業室では人事給与データを見ることができません),以下の対応をお願いいたします。

転送先が分かる場合
そのまま,正しい所属先へ転送をお願いします
転送先が不明な場合,退職や採用取り消しなどが明らかな場合
その旨をお書き添えのうえ,認証基盤事業室へご返送ください。
6-5. ご本人確認書類に ○○ を提出しても良いですか?
部局長の判断によります。
なお,当事業室へのご本人確認書類の送付は必要ありません。
6-6. 一度に大量の発行申請がしたいのですが,申請書の量が多く煩雑です。
一度に取り扱う件数が多い時,申請者を部局で一元管理したいなどの場合,一定の条件に同意いただける場合に限り,申請をまとめることは可能です。
詳細は認証基盤事業室へお問い合わせください。

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
092-802-2690
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp