九州大学全学共通ID(SSO-KID)のご利用案内ページです。

九州大学SSOポータル
HOME > SSO-KIDについて > SSO-KID とパスワード

SSO-KID とパスワード

このページでは,SSO-KID のパスワード設定についてのご説明や,取扱に関するご注意についてご案内します。
ご自身の SSO-KID の確認方法や,発行・再発行の申請については,関連のページをご覧ください。

SSO-KID の確認,発行に関するご案内

ページ内リンク

 

SSO-KID の利用方法

九州大学全学共通ID (SSO-KID) を使ってのログインに対応しているシステムであれば,同一の SSO-KID とパスワードでご利用いただけます。但し,ご利用範囲は身分やネットワーク環境などにより異なりますので,対応サービス一覧をご確認ください。

 

アカウント有効化 (初回のパスワード設定)

全学共通IDは,登録コード (「初期パスワード」と記載されている場合もあります)でログインすることはできません。各種認証サービスをご利用いただく前に,ご自分でパスワード等を設定し,利用登録をしていただく必要があります。

アカウント有効化が必要な場合

以下の場合,アカウント有効化が必要です。

  • (学生)新規に学生証を受け取った
  • (学生)教育情報サービスの窓口で,パスワードを登録コードに戻してもらった
  • (教職員)SSO-KIDカードが手元に届いた
  • (教職員)認証基盤事業室に電話をして,パスワードを登録コード(初期パスワード)に戻してもらった
  • (教職員)SSO-KIDカードを再発行申請して手元に届いた

アカウント有効化に必要なもの

アカウント有効化には以下のものが必要です。作業前にご準備ください。

  • 「登録用メールアドレス」または「秘密の質問と回答」
    ★ メールアドレスを登録する場合は,手元ですぐに受信確認ができる(携帯電話等)メールアドレスを使ってください。
    ★ 九州大学内で発行されている一部のアドレスは登録できません。詳しくは,利用登録の画面で確認してください。
  • 今後,ログインに利用したいパスワード
    ★ 下記の手順内に書かれたパスワードポリシーに沿ったものをご用意ください。

アカウント有効化の手順

  • 1. アカウント有効化のページにアクセスします。

    アカウント有効化(activation)
    ・(画像をクリックしても別画面で開きます)
    ・左上に「アクティベーション」という見出しが表示されているのが,アカウント有効化の画面です。

  • 2. 必要事項を入力します。

    ・SSO-KID, 登録コード,生年月日,表示されている数字5桁を入力します。
    ・「登録コード」事前に確認しておいてください。大文字,小文字の区別があります。
    ・「生年月日」は, 年と月の間をスラッシュ (/) で区切った 8桁 になります。

  • 3. 利用規約を確認します。

    各種情報が正しく入力されると,利用ガイドが表示されます。内容をよく読んで,画面の指示にしたがって次に進みます。

  • 3-1. 認証エラーが出た場合

    ここでログインできない場合は,以下の確認をしてください。

    ・タイプミスはありませんか?
    ・大文字固定キー(CapsLock)がONになっていませんか?
    ・実際にお使いのキーボードの設定は正しいでしょうか?
    ・テキストエディタ(Windowsの「メモ帳」MacOSの「テキストエディット」など)に登録コードを書き出してみてください。
    ・生年月日の入力形式は合っていますか?「yyyy/mm/dd」と,4桁の年,2桁の月,2桁の日で入れ,それぞれの間には / (スラッシュ)を入れてください。

  • 3-2. 誤入力後,再度アカウント有効化を試す際の注意点

    入力情報を間違い「戻る」ボタンを押した際に表示される画面は,「アカウント有効化」のページではなく「パスワード変更」のページとなります。
    アカウント有効化のための画面に行くためには,ここから「アカウント有効化」のページヘ移動してください。
    (アカウント有効化のページは,左上の見出しが「ログイン」ではなく「アクティベーション」と書かれてあり,「SSO-KID」「登録コード」「生年月日」「キャプチャコード」の入力欄があります)

  • 3-3. ログイン後,「すでにアクティベート済みです。」という表示が出る場合

    その全学共通IDは有効化が済んでおり,その際に設定されたパスワードで提携システムをご利用になれます。

  • 4. パスワード再設定方法を登録します。

    先に画面下側にある,「パスワード再設定方法」の情報を登録します。
    登録できるのは「メールアドレス」「秘密の質問と答え」のいずれかです。

  • 4-1. メールアドレスを登録する場合

    指定されたメールアドレスに,パスワード再設定画面へアクセスするための仮コードを送信します。再設定メールの有効期限が10分間のため,手元ですぐに着信を確認できる (携帯電話で読めるなど) アドレスを登録することをお勧めします。

    1. 「メール指定」を選択します。
    2. メールアドレスを入力します。
    3. 送信チェックボタンをクリックします。
    4. メールを正常に受信できることを確認します。

    メールは 「iumadmin(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp」 から届きます。メールが届かない場合は,以下の内容を確認してください。

    ・メールアドレスは正しく入力されていますか?
    ・「迷惑メール」に振り分けられていませんか?
    ・お使いの端末などで受信拒否設定が有効になっていませんか? → 受信できるように設定してください(設定は,通信会社ごとに異なります)。

    設定を見なおしても問題が解決しない場合は,次にご案内する「秘密の質問と答え」を登録する方法を利用するのも,対処法のひとつです。

  • 4-2. 秘密の質問と答えを登録する場合

    1. 「リマインダ指定指定」を選択します。
    2. 「秘密の質問1」の候補の中から選択し,「回答1」に答えを入力します。
    3. 「秘密の質問2」の候補の中から選択し,「回答2」に答えを入力します。
    4. 内容に間違いがなければ「変更」ボタンをクリックします。

    ・秘密の質問と答えは,2つとも登録する必要があります。 ・回答は,大文字・小文字・全角・半角の区分もあります。

  • 5.パスワードを設定します。

    自分で考えたパスワードを入力します。パスワードは,英大文字,英小文字,数字,記号のすべての文字種を含む 8 文字以上の文字列である必要があります。詳細は画面の注意事項を読んでください。

  • 6. 「OK」ボタンを押します。

    画面の最下部へ移動し「OK」ボタンを押します。
    入力に不備がある場合は,エラーメッセージが表示されます。

  • 7. 利用登録を完了させます。

    メニュー画面に戻ったら利用登録は完了です。右上の「ログアウト」ボタン押下で終了します。
    今後は,5. で設定したパスワードを使ってログインできるようになります。

 

パスワード,登録内容の変更

パスワードは必要に応じて変更することもできます。また,アカウント有効化時に登録した内容を変更することもできます。以下,手順をご案内します。

パスワード・登録内容変更方法

  • 1. パスワード変更ページにアクセスします。

    パスワード変更(passchg)
    ・(画像をクリックしても別画面で開きます)
    ・SSO-KID と現在のパスワードを入力します。ここでログインできない場合は,以下の確認をしてください。

  • 2. 登録情報変更の画面に遷移します。

    アカウント有効化 (利用登録) をした際に登録した,パスワード再設定方法の内容により画面が異なります。以下の手順に進んでください。 ・「パスワード」を変更したい方は「2-1」へ ・「パスワード再設定方法」を変更したい方は「2-2」へ ・「プロフィール」を変更したい方は「2-3」へ

  • 2-1. 【パスワード変更】をしたい場合

    利用者操作選択メニューより「パスワード変更」を選択し,新パスワードを入力します。
    新しいパスワードも「パスワード設定ルール」に沿ったものをご指定ください。
    入力後「OK」を押下して終了です。

  • 2-2. 【パスワード再設定方法】を変更したい場合

    パスワード再設定方法を変更したい場合は,「メニュー」から「パスワード再設定方法の変更」を選択します。

  • 2-3-1. 【学生】プロフィールを変更したい場合

    「プロフィール変更」を選択します。 変更できる項目はテキストエリアになっています。 内容を変更したら「OK」を押下して終了です。

  • 2-3-2. 【教職員】プロフィールを変更したい場合

    「プロフィール変更」を選択します。 変更できる項目はテキストエリアになっています。 内容を変更したら「OK」を押下して終了です。

 

パスワード再設定 (設定したパスワードを忘れた場合)

全学共通IDのパスワードを忘れてしまっても,一定の条件を満たしていればご自身でパスワードを復旧させることができます。

パスワード再設定ができる条件

パスワード再設定作業ができるのは,以下の条件を全て満たしている場合です。

  • 自分の「全学共通ID」と「登録コード(初期パスワード)」が分かる
    確認方法: 学生用はこちら 教職員用はこちら
  • アカウント有効化 (利用登録) が済んでいる
  • 下記のうちのいずれかを満たしている
    ・利用登録の際に登録したメールアドレスを,すぐに受信確認できる状態にある
    ・利用登録の際に登録した秘密の質問と回答の内容を覚えている
    ・(学生) 「カリキュラム年度」が「09」以上である

パスワード再設定の手順

  • 1. パスワード変更ページにアクセスします。

    パスワード変更(passchg)
    ・(画像をクリックしても別画面で開きます)
    ・「OK」ボタンの隣にある「パスワードを忘れた方」ボタンを押下します。

  • 2. パスワードリマインダのページに移動し,必要事項を入力します。

    SSO-KID,登録コード,生年月日,画像コードを入力します。 ここでログインできない場合は,以下の確認をしてください。

    ここで入力する「登録コード」は「心当たりのあるパスワード」の事ではありません。
    ・大文字固定キー(CapsLock)がONになっていませんか?
    ・実際にお使いのキーボードの設定は正しいでしょうか?
    ・タイプミスはありませんか? テキストエディタ(Windowsの「メモ帳」MacOSの「テキストエディット」など)に入力内容を書き出し,目視してみてください。
    ・生年月日の入力形式は合っていますか?「yyyy/mm/dd」と,4桁の年,2桁の月,2桁の日で入れ,それぞれの間には / (スラッシュ)を入れます。

  • 3. パスワードリマインダの画面に遷移します。

    アカウント有効化 (利用登録) をした際に登録した,パスワード再設定方法の内容により画面が異なります。以下の手順に進んでください。

    ・「秘密の質問と答え」を登録していた方は「3-1-1」へ
    ・「メールアドレス」を登録していた方は「3-2-1」へ

  • 3-1-1. 「メールアドレス」を登録していた場合

    登録されているメールアドレスが表示されます。
    このアドレスに届いたメールをすぐに受信できる状態にしたうえで,「再設定コード取得」ボタンを押下します。

  • 3-1-2. メールの受信を確認します。

    登録されているメールアドレスに,メールが届きます。
    メールに書かれた「再設定コード」が必要となります。

  • 3-1-3. パスワード再設定画面に遷移します。

    手順 4. に進んでください。

  • 3-1-3. 再設定コードを入力します。

    パスワードリマインダのシステムに戻り,メールにかかれていた「再設定コード」を入力します。
    入力内容が正しければ,4. の手順に移動します。

  • 3-2-1. 「秘密の質問と答え」を登録していた場合

    アカウント有効化の際に「秘密の質問と答え」を登録していた場合は,質問の選択肢と答えを入力するフォームが表示されます。

  • 3-2-2. 「秘密の質問と答え」を入力します。

    登録していた質問を選び,答えを入力します。

    ・2つの質問と答え,両方を入力する必要があります。
    ・登録した順番が前後しても問題ありません。

    入力内容が正しければ,4. の新しいパスワードを設定する画面に推移します。

  • 3-2-3. パスワード再設定画面に遷移します。

    手順 4. に進んでください。

  • 4. 新しいパスワードを設定します。

    新しいパスワードを入力します。パスワードは,英大文字,英小文字,数字,記号のすべての文字種を含む 8 文字以上の文字列です。詳細は画面の注意事項を読んでください。

    入力を終えたら「変更」ボタンを押下します。

  • 5. パスワード再設定を完了させます。

    パスワード更新完了のメッセージが表示されたら利用登録は完了です。「戻る」ボタン押下で終了します。
    変更したパスワードが認証システムに反映されるまで,数分間かかる場合がありますが,今後は 4. で変更したパスワードを使ってログインできるようになります。

 

窓口でのパスワード初期化 (概要)

パスワード再設定をお試しになった結果,ご自身でパスワードを復旧させることができなかった場合は,情報統括本部の関連窓口にお申し付けいただき,パスワードを初期化する必要があります。その手順については以下のとおりです。

窓口でのパスワード再設定が必要な場合

以下のような場合は,窓口でのパスワード再設定が必要となります。

  • 以下のような理由により,自分でパスワード再設定ができなかった
    -- 登録していたメールアドレスに再設定コードが届かなかった
    -- 秘密の質問の内容と答えを忘れてしまった
  • (学生) 学生番号の数字部分の上2桁が「08」以下で,パスワードを忘れてしまった
  • (教職員) パスワードリマインダの登録 (メールアドレスや秘密の質問を登録) をしたことがない
  • アカウント有効化 (利用登録) ができなかった

パスワード初期化が終わったら

窓口にてパスワード初期化が終わったら,SSO-KIDは出荷状態に戻ります。認証サービスをご利用いただく前に,アカウント有効化 (利用登録)をしてください。

 

窓口でのパスワード初期化申請の方法 (学生)

学生証持参のうえ,下記の窓口またはご所属の学務担当窓口にお越しください。お手元の登録コードにお戻しします。
学務担当者は本依頼がありましたら,いずれかの窓口にご連絡ください。

情報統括本部の各窓口

伊都地区
中央図書館4階 アクティブラーニングスペース iCubeサポートデスク
092-802-5868 / キャンパスへのアクセス
キャンパスマップ(PDF) 85番
病院地区
情報統括本部 馬出分室
91-7220(内線) / キャンパスへのアクセス
(お電話は内線のみです。)
キャンパスマップ(PDF)10番
大橋地区
情報統括本部 大橋分室
092-553-9469 / キャンパスへのアクセス
キャンパスマップ(PDF) 3番
筑紫地区
情報統括本部筑紫分室 
092-583-7845 / キャンパスへのアクセス
キャンパスマップ(PDF) 16番
 

窓口でのパスワード初期化申請の方法 (教職員, 学外の皆様,名誉教授)

SSO-KIDと登録コードをご準備のうえ,情報統括本部認証基盤事業室 (下記参照) にお電話をください。お手元の登録コードにお戻しします。

九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
092-802-2690
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp

 

パスワードポリシーと SSO-KID の管理について

パスワードポリシーパスワードとなる文字列についての規則(Password policy)を記載します。

パスワードポリシー

  • パスワードは,8文字以上,64文字以下でなければなりません。
  • パスワードは必ず,以下の4種類を全て,1文字以上を含めてください。
    -- 英大文字 (ABC.....Z)
    -- 英小文字 (abc......z)
    -- 数字 (1234567890)
    -- 半角の記号 (!"#$%&'()*+-./:;<=>?[@]^_`{|}~)
    -- ※記号でも,エンサイン(¥),バックスラッシュ(\), スペース( ), ダブルクォーテーション(") はパスワードとして利用できません。

パスワードの管理について

  • SSO-KID およびパスワードは,本人のみが使用でき,他人に教えることはできません。
  • SSO-KIDおよびパスワードが他人に知られないよう,安全な管理をお願いいたします。
  • 悪意のある者にこれらの情報がばれると,なりすましによる情報サービスの不正利用が可能になります。 できるだけ推測しづらい文字列をパスワードに選択ください。
    なるべく長く,英字数字記号が混在する文字列を用いることで,パスワード破りに対する耐性が高まります。
  • マイクロソフト社の 強力なパスワード:その作り方と使い方 などを参考にしてください。
九州大学情報統括本部 認証基盤事業室
〒819-0395 福岡市西区元岡744
id-room(at-mark)iii.kyushu-u.ac.jp